Drag Racing eXstream+

昨年に引き続き富士スピードウェイにて行われた HARLEY-DAVIDSON BLUE SKY HEAVEN にて実車を使ったVR体験を展示。今年はHMDにHTC VIVEを使用し、HARLEY-DAVIDSON V-ROD2台からの走行データをVR空間内へフィードバックを行った。体験コンテンツは航空空母の甲板上で V-ROD2台でドラッグレースを行う内容。通称クリスマスツリーと呼ばれるシグナルシステムがグリーンになったらフルスロットルでゴールを目指す。ゴールラインを越えて減速しきれない場合は甲板から洋上へ落ちてしまう再現もあり、みなさん楽しまれていた。また、今回のチャレンジのポイントはエンジンをかけないでいかにエンジンサウンドと振動を再現するにあった。そのため、 V-ROD車体前方、後方にスーパーウーハーを2台。車体下にエンジンサウンドをアレイスピーカー、更に振動を再現するため、振動装置フロアシェーカーの設置を行いリアルサウンドの追求を行った。富士スピードウェイの会場だからできる「爆音上映会」ならぬ「爆音VR体験」となった。

Client:
HARLEY-DAVIDSON JAPAN

Creative:
Prototype INC.

Special thanks:
KNIGHT MOTOR CO.
WHITELIGHT

Making Photo: